情報発信している人は全員、電子書籍を出版するべき理由




突然ですが僕はパソコンの収益の多くを電子書籍から得ています。

ブログも後から始めましたが、電子書籍が先でよかったなと思っています。
また、ブログで情報発信が出来る方は全員電子書籍出版をするべきだと思います。

電子書籍のおかげで僕はお金だけでなくWeb上でのマーケティングにおいても
数字が上げられる実感と自信を得ることができました。

正直今はかなり限られた人のみが美味しい思いをしているコンテンツだと思います。
でも、本当に必要にしている人に届けばいいなと思って、思い切って書いてみます。

ネットで副業をしたいという方も、ブログよりまずはこっちからやってみたら?って思います。

電子書籍が副業にもめちゃくちゃオススメな理由を挙げていきます。

マネタイズがめちゃくちゃ速い

まずはこれ。
電子書籍の副業とか、聞いたことないと思います。

なので、自分で実践してみて思うのですが、ググって出てくる電子書籍の副業の記事は、
電子書籍に関してかなり情報力が弱いです。

稼げないと思っているのであれば間違いです。

正直自分の数字とかその辺をあからさまに言うのあんまり好きじゃなくてブログ開設からずっと避けてたんですけど、
あまりにも何もなくてもふわっとしちゃうので今回だけ。

取り組み始めて2か月でこのレベルにはなりました。

そのあとは作業してないです。不労でこれをキープしています。

なぜこんなにスピードが良く、しかも継続するのかというと、
ドメインが雑魚という時期が存在しないからなんです。

ブログは、コンテンツを作って、それを人に見てもらえるまですごく時間がかかります。
影響力のある人に拡散してもらうか、自分でプッシュしていくか、コンテンツが勝ってバズらないとPV伸びませんよね。

それはどんなにいいコンテンツマーケティングが出来てもです。
新しい(しかもどこの誰かもわからぬ個人の)ドメインが上に来ることはなかなか難しいですよね。

しかし、例えばAmazonのKindleであれば、出版したその場で億ベースのPVがある巨大マーケットに商品が公平に並ぶのです。
地道にPVを集めるアフィリやブログよりスピードは間違いなく速いです。

例えるならば、田んぼの真ん中で客も来ないのに一生懸命料理を作っているのか、
巨大ショッピングモールの美味しいところに自分の商品を置いてもらえるのか、
くらいの違いがあります。

何でもかんでも自分でやらず、集客は集客のプロに任せるという視点は超大切です。
(と言いつつ全部自分でこだわれるブログもやってみたくて始めちゃいましたけど(笑))

そして、1度良質と認められた商品は永続的に売れ続けます。
これは普通の本で考えていただいても、ベストセラーはずっと帯がついていて、
Amazonga販促してくれていますよね。

超ブルーオーシャン

これもやってみた実感です。

実際、市場がかなりの規模で広がり続けているんですよ。

(出典:インプレスR&D「電子書籍ビジネス報告書」)

マーケットは数千億規模。
しかし、アフィリエイターやブロガーは死ぬほどいますが、
電子書籍ライターはどうでしょう?

敷居が高い為にマジでブルーオーシャンです。

この記事を堂々と書いて取り組む方が増えても、
自分のシェアが取られることも考えられない程度にはブルーオーシャンです。

Youtubeってものすごい市場なのに、それを提供しようって発想の人はほぼいませんよね?
だからYouTuberはそのギャップを使って億余裕で稼いでいるわけです。

同じように(億なんてちょっと考えられない成績なので申し訳ないですが、合計20時間くらいの作業でこの権利収入ですからね。対費用効果は抜群です。でももうあんまりやりたくないので外注化しようかなあ…(笑))
副業としてのマネタイズに重きを置くのであれば、
食わず嫌いせずに電子書籍のノウハウをきちんと勉強して実践する
といいですよ!マジで。

コツがいるからこそ、それを知ればめちゃくちゃ跳ねる!

じゃあ何でもかんでも売れる市場なのかというとそうではない。

ポイントは結果が出ている人に教えてもらうことです。
(なんでもそうか)

ブログなんかもやっぱり僕やったことないので結果出ている人のアドバイス全面採用して、
自分の意見は殺しています。

電子書籍も、市場の性質を理解して適切な書籍を供給しなければなりません。
自己流では多分副業としてもお小遣い稼ぎ程度にするのも難しい。

その辺のツボとコツはまた発信していけたらと思っています。

スキルが他のWeb販売にも応用できる!

とりあえず言えるのは、書籍が書けるようになると(勉強の仕方があります)
ボリュームがすごいので、ブログの分量なんて屁でもなくなります。

僕はブログは超初心者なのですが、
1000文字を超えましょうってガイドラインが多くて、
すごく楽に感じました。

書籍を売るためのマーケティング戦略は他の事にも役に立ちます。

特にタイトルの付け方とデザイン。

タイトル1つでコンバージョンが大幅に変わるので、
実践すればするほどタイトルのプロデュースはやり方が分かってきます。

これはブログにも応用できますよね!

タイトルに関して僕が超めちゃくちゃ死ぬほどお世話になった本があります。

タイトルの付け方はこの本のまんま実践するべきだと思います。
これまでコピーライティングの名著と言われていた3冊の良い取りをして、
さらに実践の為に本当に必要な部分だけ抽出した本です。

実践の為に本当に必要な部分だけに絞ってアウトプットする。
この考え方は僕はとても大事だと思っていて、ブログを書く際も気を付けています。

情報量が多いものを読むと、勉強した気になって、満足する。
でも、実践で活かせることは驚くほど少ないです。

コンテンツの本当のあるべき姿は、読んでそのまま理解出来て実行できて結果が出る事だと思います。
専門的で大量の情報をいかに分かりやすく、行動してもらえるように伝えられるか。

これこそが、発信者の能力だと思っています。
そういう意味でも、この本はめちゃくちゃ使いやすいタイトルテンプレートとかも入っていて
マーケティングが好きで好きでたまらんタイトルオタク以外はこの本を読んで即実践。

そんでもって自分が一番やりたいところに力をかける。
それがいいと思います。
というわけでこの本は必読です。読みやすさも100点満点です。

また、表紙もかなり大事なので、お手本になるデザインを研究して作ってみる過程も面白いですよ。

デザインに関しては、カリスマブロガーの八木仁平さんもおすすめしていましたが、
こちらの本を読むとかなりレベルアップすると思います。

初心者がデザインを使って顧客への印象を良くするエッセンスがたくさん詰まっています。
Webデザインのセンスを上げたい方は必須の1冊です。

リスクがない

  • 初期費用なし
  • ランニングコストなし
  • 売れなければ0なだけでキャッシュフローは決してマイナスにならない
  • 利益率100%(電源代のみ)
  • 1度出せばずっと市場に残る
  • 管理は全部Amazonなどのプラットフォームがやってくれる

副業にこんなに適したコンテンツも珍しいんじゃないかレベルです。

参入障壁を下げるべく僕の経験をコンテンツにして行こうと思います

これだけ僕を助けてくれたこのコンテンツの良さや取り組みやすさを、
もっと多くの人に伝えていきたいなと思っています。

電子書籍で色々な想いを実現していく方法をアップしていきますので、
よかったらまた覗いてやってください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です