ソーシャルレンディングとは:始める前の基礎知識




【原資350万】資産運用はじめました@投資LABO

今日はソーシャルレンディングを勉強。

ソーシャルレンディングは、一言でいえば

みなと
面倒が少なく、低リスクに短期でミドルリターンが期待できる投資なので選択肢に入れるべき

という結論に至りました。

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングは、

個人でも少額で投資できる融資型クラウドファンディングのこと。

僕は今回きちんと調べる前にも、クラウドクレジットというソーシャルレンディング運営会社のドキュメントをガイアの夜明けで見てから認知はしていました

(クラウドバンク公式サイトより引用)

資金が必要な企業に、個人投資家がソーシャルレンディング運営会社を通して出資します。

年利5%~というリターンを得られる案件が多く、保証会社等の担保があるものまで存在します。

投資期間も1年以内の短期間のものが多くリターンが5%以上のものが多い。

少額でも融資に参加できる。

と、投資家からすればメリットが非常に多いですね。

みなと
この0%金利時代に銀行口座にお金を眠らせておくのは無駄すぎる

ただしもちろん融資なので貸し倒れのリスクはあります

ということで、
安全性が高ければ積極的に運用していくべきだと考えました。

ソーシャルレンディングの特徴と高利率の秘密

借主がこの高利率の融資を選ぶということは、

・銀行からの融資を受けられない
もしくは
・銀行の融資だけでは資金が足りない
企業が借主として多い
ということになります。

そうなると、

信用の出来ない企業への貸付が多いのではないか
という印象も受けます。

しかし必ずしもそうではありません。

銀行の融資基準は保守的なところがあり設立年数が足りなかったり、前期財務状況が多少銀行の理想と違ったりという理由で十分な資金を融資しない事例も多い。

また銀行からすれば中規模・小規模のプロジェクトや短期間の融資では大きな利益が見込めないのであまり応じないという事情もあります。

そのような銀行の融資で足りないプロジェクト資金などの中で、
高利率のリターンでも収益の見込める事業をソーシャルレンディング運営会社が独自に審査し、投資案件にしていくというものが多いです。

また利率が高いので長い期間借りると利子の圧迫が強い為、
借りる方も短期高利率で返済できる性質のスキームのプロジェクトが圧倒的に多いです。

このような特徴から、運営会社の案件を見てみると不動産や、新興国企業の事業などが多いです。

もちろん投資ですのでリスクはありますが、
信頼できる運営会社からチャレンジしていくことで、銀行口座のお金を有効に増やしていける可能性が大きいです。

初心者におすすめのソーシャルレンディング運営会社

1.クラウドバンク




・シェアナンバーワンで安心
・利回りがとても高い(平均6.79%)
・担保のある案件が多い
・ページデザインも使いやすい
・1万円から融資可能
・サービス開始以降回収率100%、デフォルト率0%(貸し倒れ実績なし)
と文句なしの運営会社なのでまずはこちらが王道。

まずはこちらの口座を作り、案件を選んで余剰資産を融資してみるのがお勧めです。

2.クラウドクレジット




・ガイアの夜明けにも紹介された注目の企業
・10%を超える超高利率案件も多数
・海外に特化しておりラテンアメリカ、欧州、アフリカなど様々な地域に投資可能
・1万円から投資可能

と、より高いリターンを短期で求める方にはこちらがお勧めです。
新興国のプロジェクトが多いので爆発的な勢いのある利率を実現しています。

3.Pochet Funding



・アジア最大級沖縄のファンドを取り扱い
・県の政策であるアジアのハブ化構想、ストックビジネスや企業誘致で盛り上がるビジネスに投資可能
・不動産担保の安心度の高い案件
・1万円からの融資が可能

日本の沖縄県の観光地としての事業投資に参加し、盛り上げながら
資産運用を実現することができます。

日本の案件が安心、沖縄が好き!という方はこちらがオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です