投資Labo:不労所得30万を超えてからFXを選んだ理由




引き続き鈴さんのブログ
でインプットしつつ、FXの勉強実践中です。

基礎知識は、

こちらを読んでインプットしています。

今日は、本業の収入以外にも
不労所得で30万円を最低ラインに推移している僕が、
なぜFXを選んだのか、という根拠を紹介したいと思います。

不労所得30万を超えてからFXを選んだ理由

アフィリエイトやコンテンツ販売は、現在完全放置で30万を最低ラインで推移しているのですが、
これらのビジネスは、長い目で見たときに波がデカすぎる
という風に考えています。

タイムリーにテックビューロ社が不正アクセスを受けて仮想通貨を盗まれたというニュースがありました。
それに伴いZaifのアフィリエイトはすべて停止。

アフィリエイト界隈は昨年末仮想通貨フィーバーでしたが、
利益を上げ続けるには、このようなトレンドに対して敏感に対応していく必要があります。

そのような状況下で、「外的要因に左右されずに稼いでいくスキルを身に付けたい」と思ったのがきっかけでした。

参考:【原資350万】資産運用はじめました@投資LABO
その中で、FXスキルにリソースを突っ込もうと思ったのは、

市場が超巨大で、個人投資家にもフェアであること

これが何よりも大きな理由です。
特定の株式市場や、ましてや個別株などは、
誰かが恣意的に価格操作できてしまうこともあり得る規模での取引も多い。

為替取引は、グローバル規模で膨大な取引が行われている。

1日の為替市場取引は450兆円と言われています。

あまりに市場が大きいので価格操作は現実的に不可能。

フェアな市場なので個人投資家にも極めて平等にチャンスがあるということ。

これだけ大きな市場ならば、ファンダメンタル、テクニカル双方をしっかりと学べば、
しっかりと市場のセオリー通りに行動できるようになってくるでしょう。

逆の例を出せば、仮想通貨が流行ってた頃に市場見てた方はわかると思いますが、
一部の大口投資家の意図や気分次第で平気で一発の売りで何千円も暴落しましたからね。

投機的にもほどがあるギャンブルのような相場でした。

成功者のセオリーがきちんと存在する確固たるスキルであること

24時間世界中のどこかで市場が開いていて、
規模がこれだけ大きいと、インサイダー取引も起きようがない。

各国の通貨の交換ですから、チャートもある程度バランス感覚に優れた、
法則的な動きをしやすい
ということが言えます。

そのような市場だからこそ、実際にFXで安定的に勝てている方も多く存在します。

そのような確立した投資手法で、確固たるスキルを手に入れれば、
アフィリエイトよりも安定した収入源として機能する
と考えたのです。

こちらの書籍でスムーズに投資家としてエントリーできている実感があります。

入門書をいろいろ読みましたが、これが一番実践までつながっており読みやすいのでオススメです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です