人から興味を持ってもらえなくて悩んでいる人の戦略




あなたは人生の様々なシーンで、
今、自分に興味を持ってもらえていない
と感じることはありますか?

仕事のシーンでもプライベートなシーンでも、
他の人から自分を軽く扱われたり、まるで居ないかのように扱われると、
寂しい思いをしたり、自我が強い性格ならば屈辱的な気分になる
方もいると思います(筆者もどちらかといえばそうです)。

飲み会などであれば、その時間をなんとかやり過ごすことを苦行に思います。

人間は誰にも、自己承認欲求がありますからこれは当たり前の感情ですよね。
性格にもよりますが、せっかく人と関わるのならば自分に食い付かせ、楽しませられる人間になれたらいいなあと感じると思います。

どんな相手からもコンスタントに興味を引き出せるスキルを身に着ければ、
仕事もプライベートも充実した時間になることは間違いありません。
もちろん、恋愛にも大いに役に立ちます。

特別なイケメンや美女、圧倒的な仕事の実績や著名人、誰もが振り向くプロポーションを持っている等の分かりやすいアピールポイントがない場合、
他の人から興味を持ってもらうためには効果的な戦略を立てる必要があります。

ということで今回は、
人に軽く扱われている現状を変えたい、他人を楽しませ、人からの興味を集められる華のある人になりたいという人の為の、
行動指針となる3つの戦略を挙げていきたいと思います。

ギャップを生むための自己理解

自己理解を深め、ギャップやフックポイント(言い換えればツッコミどころ)を作っていくことがアピールのすべての基礎となります。

人間が最も興味を持ちやすいのはギャップがある人です。
なぜなら人間の心理は「納得できないもの」について「なぜなのか」と考える習性があるからです。

簡単なクイズよりも、納得の行かない難易度の高いクイズの方が強い興味を持って考えてしまいますよね。
それと同じで、すべてが予想通りな人間には興味を持ちにくいのです。

「なぜ?どんなプロセスでそうなった?もっと知りたい、もっと話したい」
があなたへの興味の源になります。

あなた自身について客観的に理解したうえで、もっと知りたいとツッコミたくなるポイントを見つけていきましょう。

・マッチョなアキバ系オタク
・経営者マインドの事務職
・偏差値70の暴走族
・月に20冊は本を読むゲーマー
・元オペラ歌手のフリーランスエンジニア
・プライベートでは一切おしゃべりしないトップ営業マン

などなど、一般的なイメージと異なる特徴を持っていると一気に個性が出て人を惹きつけることができます。

芸能人でも
・禁止されているはずの恋愛について堂々と語ってしまうアイドルの指原さん
・信じられないほど大食いの可愛いギャルであるギャル曽根さん
など、固定概念にある常識から外れている方はやはりバラエティにも引っ張りだこです。

趣味特技、性格の中で、それを全面に出せば面白くなる特徴はないですか?
探してみましょう。

思いつかない場合は、まだ自己理解が足りていない可能性があります。
自分の強みと弱みを客観的に把握してから、戦略を考えていきましょう。

客観的で的確な自己理解には、ストレングスファインダーがお勧めです。
新品の本には個別のコードがついていて、オンラインで自分だけの長所を診断してもらえます。
あなたの長所とは何なのか、それを教えてもらった後の人生は違うものになると思いませんか?
さらに、その性質をどう生かしていくべきかの具体的な戦略まで教えてもらえます。

自分に自信を持てるような特技を手に入れる

前述の通り、一般的なその人のイメージを凌駕する特徴があると人は惹きつけられ、もっとその人のことを知りたくなります。

まずは自己理解がスタートラインとなります。
自己理解を経ずに何かをやろうとしても、すべて小手先になってしまうので必ずそこを通ることをお勧めします。

自分という人間をアピールするのに、自分の強みと弱みを理解していないなんて、
譜面の読み方を勉強せずにバイオリンを練習するようなもの
です。

そのうえで、先ほどのギャップの例を見てみましょう。
・マッチョなアキバ系オタク
・経営者マインドの事務職
・偏差値70の暴走族
・月に20冊は本を読むゲーマー
・元オペラ歌手のフリーランスエンジニア
・プライベートでは一切おしゃべりしないトップ営業マン

など、とにかくキラキラする瞬間が必ずあるギャップが必要です。
例えば歌が上手い人が自信をもってカラオケで歌えばキラキラして見えますよね。
このような瞬間はそれだけでギャップになります。

あなたにはそのような自身を持って楽しく輝く瞬間はあるでしょうか?
何も特別な特技じゃなくてよいのです。

好きが高じて誰よりも深く学んだような、好きなことを語っている人の姿はキラキラします。
何でもよいので、あなたの中にある自信を持てる瞬間を探してみましょう。

今はネットで新しい技術がなんでも専門的に学べる時代です。
興味を持ったことはなんでも軽いフットワークで手を出してみるのもよいかもしれません。

最期は「会えば楽しい気分になる人」になること

ここまで、「自分を良く見せる方法」についてのノウハウを述べてきました。

・客観的に、正しく自己理解して自分の扱い方を学び
・人を惹きつけるギャップを作り出し
・自信をもって輝く瞬間も演出できる

ようになれば周りを惹きつけられる確率が格段にアップすることは当確でしょう。

しかし、人間関係の究極の本質はコミュニケーションです。
自分が投げているものが自分に返ってきます。

人間は、自分に対してポジティブな影響を与えてくれるとわかっている人のことを好きになります。

原点に戻れば、「あなたは自分に興味を持ってもらえなかった」からこのページをご覧になっているはずです。
自分に興味を持ってほしいんですよね。

ということは、あなたが惹きつけたい人に対して、
あなたのポジティブな相手への興味を表明することで相手からの好意や興味が返ってくる可能性がかなり高まります。
自分から発信もしていないのに、勝手に自分で悩んでいませんか?

自分に興味を持って、いろいろ知ってもらいたいのは相手もそうです。
ならば、自分からそのようなポジティブな感情を、出し惜しみなく与えてあげればシンプルに状況は好転します。

それでももし、相手からボールが返ってこない場合、自分を棚に上げずに反省と改善を繰り返すことが何よりも大切です。

自分の立場に置き換えて考えれば、いくら自分に興味を持ってくれても、
その人にあまりにも魅力がなかったり、いい気分で話せる人でなければ、
それを返すことはできないですよね。

振り向いてもらえない時は自分の目を向けてそのたびにレベルアップしていけばよいだけの話です。

いくら小手先のコミュニケーションテクニックを学んでも、
自分を満たせていないのに他人を満たしたり、振り向かせることはできない
ですよ。

まずは自分がどんな人間かをしっかりと理解して、行動指針を立てていくところからです。

あなただけのオリジナル診断で、長所を短所、その活かし方や行動指針を教えてくれるストレングスファインダーで自己理解の第一歩を踏み出しましょう。
新品の本には個別診断に必要なコードも搭載されています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です