人から興味を持ってもらえなくて悩んでいる人の戦略




人生の様々なシーンで、
今、自分に興味を持ってもらえていない、そんな自分を変えたい
と感じることはあるでしょうか。

人間は仕事のシーンでもプライベートなシーンでも、
他の人から自分を軽く扱われたり、まるで居ないかのように扱われると、
寂しい思いをしたり、
ひどいときは屈辱的な気分になってしまいます。

いじめでも最も精神的にダメージの大きな言動は”無視”であるとも言われています。

これは、自己承認欲求によるものです。

つまり、人が”自分のことを見てほしい、注目してほしい、存在を認めてほしい、興味を持ってほしい”という欲求を持っているということです。

まずこれは多かれ少なかれ人間ならだれでも持っている当たり前の欲求なので、
自分が今このような欲求を持っているということを素直に受け止め、許してあげましょう。

そのうえで、
せっかく人と関わるのならば自分が興味を持ってもらえる、相手を楽しませられる人間になれたらいいですよね。

相手から興味を引き出せる魅力的な人物になれれば、
仕事もプライベートも今よりもさらに充実した時間になることは間違いありません。

もちろん、恋愛にも大いに役に立つことは想像に難くないですね。

ここで大切なのは逆の立場になって考えることでしょう。

人間は誰でも自分が可愛いので、自分のことを客観的に冷静に分析するのが難しい。

たいていの場合、客観的な人物的評価よりも甘く自分を捉えてしまっていることが多いです。

また、発想自体も逆にすることが大切です。

自分が興味を持ってもらうのではなく、
相手に興味を持つようなことを提供できる人間
になること。

TakerではなくGiverになると決意しなければ、
このミッションは達成できません。

この記事を読んでいただいているということは、
興味を引けなくて悩んでいるときかもしれません。

人を惹きつける、出会う人と幸せになるとはどういうことなのか、
1つ1つ整理していきましょう。

まずはこのシンプルな逆の立場の視点があるだけで魅力を増す大きなヒントになるでしょう。

例えば恋愛の出会いの場にいるとしたら。

自分が相手だったら、自分に惹かれるでしょうか。

特別なイケメンや美女、圧倒的な仕事の実績や著名人、誰もが振り向くプロポーションを持っている等の分かりやすいアピールポイントがない場合、
他の人から興味を持ってもらうためには自分の魅力を自分で発見し、それを思い切り解放してあげる必要があります。

テレビでもルックス以外の要素で人の興味を引く魅力を生み出している方がたくさんいます。
お笑いのセンスがある、歌が上手い、設定が面白いなど、その人らしい個性が見られます。

このようなことを踏まえ今回は
人に軽く扱われている現状を変えたい、他人を楽しませ、人からの興味を集められる華のある人生を送りたいという人の為の、
行動指針となる3つの戦略を挙げていきたいと思います。

また会いたいと思わされる魅力的なオーラ

まず印象をもっとも左右するのはその人のオーラ

雰囲気とも言えます。

雰囲気イケメンという言葉もあり、人の印象を司るかなり大きな役割を果たしています。

見た目が特別綺麗ではないのになぜか好感を抱いてしまう人っていますよね。
逆に、美人なのにあまり異性から人気がないという人もいます。

基本的に関わっていて自分の人生にいいことがありそうなオーラの人を好むようになっています。

このために最も大切なのは、内面的に満たされている人間になること。

自分の人生を楽しんでいるという実感、幸せを感じることが多いと、自然に表情が充実し、オーラも前向きで魅力的なものになります。

自分の人生を生きているという実感を強く持つためには自己理解を深めていくということが最も大切になります。

つまり、自分の強みと弱みは何なのか、何が好きで何が嫌いなのか、
どんな価値観で生きているのか、何を大切にしているのか。

意思決定をする根拠になる自分の要素です。

この理解度が深い人ほど自分らしく、輝いて生きているのでオーラも魅力的になります。
また自分の基準を持って日々の選択を自分のお気に入りのものに出来ているので、自然に幸せになり、内面的に満たされています。
結果的に、「また会いたい」と思うようなパワーをもらえるのです。

内面が満たされ、幸せな人は魅力的なオーラを持ち、他の人を惹きつけます。
自分に興味を持ってくれ、認めてくれ、ということばかり考えている内面が満たされていない人は、さらに相手からの承認を奪おうとし、興味を持たれず人が遠ざかります。

皮肉にも欲しがれば欲しがるほど、人を惹きつけるのは難しくなるというのが人間関係の原理となっています。

つまり、人からの興味=自己理解とポジティブな感情の”結果”生まれるもの

ということになります。

自分を満たす力がない人が無理やり他人からの承認を得ようとしても悪循環が待っているのです。
そして、他人からの承認の為に自分の人生を空回りさせてしまうのはとてもむなしいことです。

まず自分自身と話すことからは逃れられません。

客観的で的確な自己理解には、ストレングスファインダーがお勧めです。
新品の本には個別のコードがついていて、オンラインで自分だけの長所を診断してもらえます。
あなたの長所とは何なのか、それを教えてもらった後の人生は違うものになると思いませんか?
さらに、その性質をどう生かしていくべきかの具体的な戦略まで教えてもらえます。

自分の中にある要素を知ることで、得られるヒントは多いですね。

時間を忘れるほど熱中するものに長い時間触れる

人間には誰しも時間を忘れるほど何かに熱中してしまう瞬間があると思います。

この熱中することができるものというのはその人に与えられた才能です。

なぜなら時間をかけて工夫し、練習することが苦にならないからです。

ゲームでも音楽でも運転でも釣りでもプログラミングでもトランプでも本当に何でもいいです。

大切なのは自分が熱中し、時間を忘れて楽しめるものを自分で分かっているということです。
そしてこれがなぜ人からの興味を得られる魅力になるかというと、
中身が分からなくとも、その熱量と、時間を忘れて工夫を重ね取り組んだ時間だけは必ず人に伝わるから。

それが輝き、魅力となるのです。

好きが高じて誰よりも深く学んだような、好きなことを語っている人の姿はキラキラします。
何でもよいので、あなたの中にある自信を持てる瞬間を探してみましょう。

今はネットで新しい技術がなんでも専門的に学べる時代です。
興味を持ったことはなんでも軽いフットワークで手を出してみるのもよいかもしれません。

170以上のジャンルのスキルや趣味を学べるストリートアカデミーはオススメ。


質の高い講師が、新しい趣味についてわかりやすく、楽しく教えてくれる講座がたくさんあります。


さらに人を惹きつける”ギャップ”の力

自己理解を深めたら、さらにその魅力を増幅するテクニックにギャップがあります。
ギャップやフックポイント(言い換えればツッコミどころ)を作っていくことがアピールのすべての基礎
となります。

人間が最も興味を持ちやすい、惹かれやすいのはギャップがある人です。

ギャップがある人のことをもっと知りたい、面白いなと思いますよね。
これはなぜかというと
人間の心理は「納得できないもの」について「なぜなのか」と考える習性があるからです。

「なぜ?どんなプロセスでそうなった?もっと知りたい、もっと話したい」
があなたへの興味の源になります。

あなた自身について客観的に理解したうえで、もっと知りたいとツッコミたくなるポイントを見つけていきましょう。

・マッチョなアキバ系オタク
・経営者マインドの事務職
・偏差値70の暴走族
・月に20冊は本を読むゲーマー
・元オペラ歌手のフリーランスエンジニア
・プライベートでは一切おしゃべりしないトップ営業マン

などなど、一般的なイメージと異なる特徴を持っていると一気に個性が出て人を惹きつけることができます。

芸能人でも
・禁止されているはずの恋愛について堂々と語ってしまうアイドルの指原さん
・信じられないほど大食いの可愛いギャルであるギャル曽根さん
など、固定概念にある常識から外れている方はやはりバラエティにも引っ張りだこです。

趣味特技、性格の中で、それを全面に出せば面白くなる特徴はないですか?
探してみましょう。

この時最も大切なのは、自分に嘘をつかないこと。

無理やり作るものではなく、自分の中に与えられている要素をめいっぱい使い切った人が魅力的

嘘っぽい演出は人にも嘘っぽく伝わりますし、何より自分がしっくり来ないので楽しくないでしょう。

思いつかない場合は、まだ自己理解が足りていない可能性があります。
自分の強みと弱みを客観的に把握してから、戦略を考えていきましょう。

結論:小手先のテクニックでは嫌われるー自分に熱中する人生を生きろー

・客観的に、正しく自己理解して自分の扱い方を学び
・時間を忘れるくらい何かに熱中して人生を楽しみ
・人を惹きつけるギャップを作り出し

必要なことは自分を内面的に満たす生き方を自分自身で理解すること。

自分を満たせていないうちに相手から奪おうとせず、
前向きで魅力的なオーラで相手に「また会いたい」をギフトできる器を広げていくこと。

自分を満たせば満たすほど、相手のことも満たせるようになる面白い矛盾を楽しみましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です