声をしなやかに、力強くしていく一番の近道とは




「ボイトレをしているけど、もっと声を強くしたい」を思ったことはありませんか?
聞く人が惹き込まれ、感動するような歌声には、しなやかな力強さがありますね。
しかし実際には、自分の歌声が弱々しいと悩む人はたくさんいます。

今回の記事では、
・声が弱々しいと感じてしまう原因
・自分の声を強く育てていくための正しい考え方

を紹介していきます。

声をしなやかに、強くする一番の近道とは

歌い手・聞き手が声の力が足りないと感じる原因

息切れを起こす

歌の途中で力尽きてしまう人の歌は弱々しく感じてしまいますね。
これはフレーズで十分な息の余裕を保つことができず、息切れを起こしている状態です。
初心者の方は特にこの問題に悩んでいるかもしれません。

多くのケースにおいて原因は声帯閉鎖が不十分でたるんでいることー
つまり声帯がたるんで離れてしまっていることで声門から息漏れしまっていることです。

これは主に、息が多すぎることが原因です。

息切れを起こす歌手の多くは、歌う時に強く声を出そうと力んでしまい、息を必要以上に多く吐き出してしまいます。
息が多すぎると声帯は衝撃に耐えきれず閉じることができなくなります。
結果的にフレーズに必要な息が保てずに息切れしてパフォーマンスが弱弱しくなってしまいます。

しっかりと取った呼吸を、どのように吐くか、声にしていくかがとても大切です。

参考記事:ボイトレにおいて絶対に知っておくべき呼吸法の真実

人為的に声を作ろうとしてしまい強く声が出ない

もう一つの大きな原因に、不自然な発声が挙げられます。
声を自然に反して操作しようとしていませんか?

例えば、声帯を自然に閉鎖させることもせずに声を後ろに飲んで響かせようとしたり、自分の中で魅力的だと思う歌手に近いサウンドを求めて人為的な操作をすることです。

これは特に、クラシックなどのジャンルのスタイルの響きを見よう見まねで表現しようとして頻繁に起こります。

しかしあなたの声の原音は声帯です。
「頭に響くイメージ」や「腹背筋」、「上がった口角」や「軟口蓋」が声になるわけではありません。
これらはあくまでアプローチの手段です。
声帯原音が音になり、身体に共鳴した結果豊かに響きます。
ですからまずはその声帯の原音を自然に力強くすることを第一義にするべきです。

「歌だからきれいな声、響く声を作らなけらばならない」という意識に引っ張られて、
人為的に操作しようとすればするほど不自然で、効率の悪い、弱い声になってしまう恐れがあります。

綺麗な声、よく響く声などの美的効果は後から現れます。
それは声を明瞭に、強くした結果起こります

最初から操作して作るものではありません。

まずは自分のナチュラルで明瞭な、強い声を探し求めることに取り組むべきです。

自分の声を強く育てていくための考え方

話し声と同じレベルで発声しよう

では自分のナチュラルで強い声とは具体的にどういう声でしょうか。

それは明瞭に話しているときの声です。
すでにあなたは自然で強い声で話し、コミュニケーションを取っています。
多くの人は歌に必要な声をすでに持っています。その声をベースにして育てていくのです。

歌の為に新たに作られた声を開発するのではありません
それは自然な声を育てた結果自由に表現可能になるものです。

歌になったからと言って、いきなり響かせようとしたり、後ろに飲んで「それっぽい」声を出すことはあなたの声を強くするにあたってデメリットになります。
何より自然ではないので聞いている人の心に響かないでしょう。

明瞭に話す時のナチュラルな声を認識し、強くしなやかに育てていけば
あとから柔らかくしたり、下の響きを強くしたり、シャウトしたり、声を自分の価値観に合うスタイルに変えていくことはできます
そして、そういった正しい順序を踏めばあなたは声を壊さずに安全に好きなスタイルを身に付けることができるでしょう。

しかし最初から操作しようとすると大抵声帯に負担がかかり声を壊します。
もしくは歌いにくさ、不自由さ、疲れてしまい歌い切れない不安を感じるでしょう。
なぜなら身体にとって、喉にとって不自然なことをしているからです。

あなたの自然な声で明瞭に話すこと。
声をきれいにするのではなく、はっきりと明瞭にしていきましょう。

そしてその声を操作せずにそのままメロディーに乗せること。
その表現を自由に、力強くしていくためにボイストレーニングをしていく

これが声を強くするためのシンプルな、そして一番の近道になるアプローチです。

自然を根拠に考えよう

あなたの声に自然に起きることを根拠に訓練を考えましょう。
近代理論の型にはめ込んで自分の声を閉じ込めるのではなく、
ボイトレ中に何かを意識することであなたの声がどう変わるのか、自分の声の音質に対して敏感になることが声を強く育てる一番の近道です。

これには、録音をすることも非常に有効です。
自分で聞こえている声と、実際に出ている声は違うので、録音を聞くことでその感覚が研ぎ澄まされていくでしょう。

あなたの声を力強く、しなやかにするものはなんでしょうか?
あなたの音域を広げ、自由にするのはどういう訓練でしょうか?

これは、人それぞれ違うというのが答えです。

言い換えればボイトレは、あなたの喉の潜在的なパワーを引き出し、自在にする旅であるともいえます。

前もって音質を決めてかかるような傲慢な態度を取らず、あなたの明瞭な声を観察し、見つけ、育てていくことに精力を傾けましょう。
最初に「こういう声」と決めてしまうと、それに縛られてあなたの喉のポテンシャルが発揮されなくなります。

あなたの自然な声を見つけ、育て、自由に歌えるようになっていく旅を楽しみましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です