エンタメとは何か




エンタメの定義

『エンタメ』、『エンタメ』と日常的に聞く言葉ですが、エンタメの定義とは何でしょう。

言葉の正しい意味を知ることでパフォーマンスプレイングや鑑賞に役立つことがあるかもしれません。

エンタメとは、エンターテイメントの略語です。

【エンターテイメント】
エンターテイメント(Entertainment)は、人々を楽しませる娯楽を指す。楽しみ、気分転換、気晴らし遊び、息抜き、レジャーなどが類語とされる。類義語のアミューズメント(Amusement)も、アミューズメント施設など娯楽施設を指す。

Wikipediaより引用

 

原語 “Entertainment”

特に演者の技能を鑑賞することを主体とした見せ物、出し物、余興などを指す言葉で、スポーツ、舞台演劇、演奏会、公演などを指す

Wikipediaより引用

レジャー施設などもエンタメに含まれていますが、元来の意味と複合的に考えると

「技能を持った演者が舞台などでパフォーマンスを行い、観客に楽しみ、気分転換、気晴らし、息抜きを提供する行為」と言えそうです。

これが興行的な公演であれば、足を運ぶことで楽しみ、気分転換、気晴らし、息抜きをできると期待ができれば観客はチケットを購入してくれることになります。

芸能とはエンターテイメントの一つの手段であるという解釈

このエンターテイメントという大きな枠の中に、「芸能」すなわちパフォーミングアーツがあります。

芸能の定義は極めてあいまいでその解釈も様々ですが、芸能の世界でプレイヤーとして仕事をするということは究極的には、「芸によって観客をエンターテインする」能力が必要という一言に集約されそうです。

・芸能の世界に進みたいのかどうか悩んでいる
・芸能の世界で売れたいけど売れない、オーディションに受からない

という方は

 

そもそも自分は観客を楽しませられる芸を持っているのか

そしてエンターテイナーとしてオーディションに臨んでいるかどうか

 

を見直すと新たな行動指針が見えてくるかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です